カリフォルニア プロフェッショナル エンジ ニア試験 – 測量および地震原理に関する試 験 


Categories :
このカリフォルニアの土木工学試験では、調査の方法と耐震原理が強調されています
カリフォルニアでの練習に常に関心がある場合は、この試験に参加する必要があり
す。この試験の耐震部分では、以下の問題に基づく問題の 27% が関係しています。
の領域では、地震原理に関連するデータと設計を決定する方法について説明します。
た、地盤工学の歴史と、特に地震と地震を引き起こす原因とそれが将来に及ぼす影響
再開発されるプロジェクトについて、カリフォルニアのデータの独自性について知る
とも重要です。 
 
また、このプロジェクトの設計、基準、規則、およびプロジェクトの全体的なパフォ
マンスに基づいています。エンジニアリングのフレームワークとエンジニアリング 
ステムの側面についても、試験の 24% を占めるこの試験で取り上げます。それは、
震性と、この耐震作業に関連する損失を生じやすいと考えられる個々のフレームワ
ク、および都市と国の環境問題との相互関係に焦点を当てています。品質とこれらの
震力と力自体が試験の 20% を占めます。地震力に関する結果と、市民および非市民
枠組みに対する地震力の影響を調べる必要があります。カリフォルニアの耐震構造に
する調査の 18% で議論されています。これは、その構造と剛体および非剛体のダイ
フラム観測に関連するこれらの地震力の配分に基づいています。カリフォルニア PE 
験では、11% が、耐震性能の基本、それを実装する方法、および耐震プロジェクト
関連する品質基準を示す耐震設計に基づいています。 
詳細については、このウェブサイトをご覧ください: 技術士二次試験解説 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *